やくばら

古くは平安時代に貴族の間で厄祓いが行われていたことが起源

厄年は古くは平安時代、陰陽道で数字そのものが良くないということで、貴族の間で厄祓いが行われていたことが起源とされます。
一般に広まったのは江戸時代で、男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳が厄年にあたり、その前後を前厄、後厄と言います。中でも男性の42歳、女性の33歳は大厄と言われます。
旧暦に倣って数え年で換算し(人生儀礼表をご参照下さい)、新暦の正月(1月1日)から旧暦の正月とおおよそ重なる節分(2月3日)までの間に厄祓いを受けるのが慣例となっています。

受付時間9:00~17:00
祈願料五千円

予約について

予約は必要ありませんが、場合により恒例祭典や神前結婚式などで受付が出来ない時間帯(1時間ほど)もありますので、お手数ですがホームページ上のお知らせでご確認頂くかお問い合わせ願います。
祈願者の方が多い時には御一緒にお受け頂く場合があります。
上記以外の時間帯をご希望の場合は事前にご予約をお願い致します。