安産祈願(帯祝い)

安産祈願(帯祝い)は、妊婦の妊娠五ヶ月目にあたる戌(いぬ)の日に腹帯を巻き神社に出向き安産を祈願する儀式であります。子沢山で安産の象徴とされる犬にあやかり戌の日に行われます。
安定期に入った妊娠五ヶ月目に入り、岩田帯を目立ってきたお腹に巻き付け保護し、「岩のように丈夫な赤ちゃんが産まれますように」という願いも込められていたようです。腹帯やそれに替わるものを持参頂いても結構です。

安産祈願受付について

予約は必要ありませんが、場合により恒例祭典や神前結婚式などで受付が出来ない時間帯(1時間ほど)もありますので、お手数ですがホームページ上のお知らせでご確認頂くかお問い合わせ願います。
祈願者の方が多い時には御一緒にお受け頂く場合があります。
上記以外の時間帯をご希望の場合は事前にご予約をお願い致します。

受付時間9:00~17:00
祈願料五千円